■ラナイSTORY
2007年 音楽プロデューサーとして活動していた伊藤大介の元に、
あるアーティストから音楽制作依頼が舞い込んだ。
そのアーティストの音楽 を始めたきっかけがSomethingELseだったということやアーティストの希望もあり、
その楽曲制作チームに今井千尋も参加する事になった。

お互いの個人での活動以外に、伊藤大介/今井千尋共同名義での
プロデュースユニットの結成を決意。休日のバルコニーで聞くようなゆとり
のある音楽を届けたいというコンセプトで、ハワイ語でバルコニーの意味である
「Lanai」、日本語の"スタイルにこだわらない"、"大事なものを譲らない"
などの「〜らない」 という言葉から作られた造語『ラナイ(ranai)』名義での活動を始める。
2007年2月15日発表

■今井千尋からのコメント

ラナイHPに遊びにきてくれた皆さん、こんにちわ、今井千尋です。SomethingELse解散後、多方面の方々から僕ら二人そろってのコーラスのご依頼やイベントへのお誘い、また楽曲制作のオファーをいただく中、自分の中で少しもう離れかけていたステージに立つという想いにほんの小さな炎が灯りました。
こうして古い友人とまた一緒に音楽ができることは、とても短い人生の中においても何ものにも変え難い喜びです。ラナイという音楽の一つのチャンネルで、繰り返し打ち寄せる柔らかい波のようなリラックスできる音楽を二人でまったりとお届けできればと考えています。どうぞ皆さん、応援よろしくお願いいたします
  ■伊藤大介からのコメント

このプロジェクトを立ち上げるにあたり、様々な事を考えました。やはり行き着いた先は、至ってシンプル。自分がやりたいと思えるものを自由に楽しんでやるという事が音楽をやる事において、一番大切な事なんだと改めて気づきました。音楽を本格的にやり始めたあの頃を思い出すようなワクワク感やトキメキを伝えられたらいいなと思っています。ラナイの音を通じて、オーディエンスと何かを分かち合えたら。。。そんな想いを抱きながら、ゆっくりしっかり活動していきたいと思います。
僕にとってラナイとは、自分らしさの再確認の場でもあるのかも知れません。それとも、まだ見ぬ自分に会えるのかな…。

■ranaiロゴのコンセプト
DESIGNER 山下優氏からのコメント